ノートンの検疫を除外

パソコンをウィルスなどの脅威から守るためにセキュリティソフトをインストールしているという方お多いかと思います。
シマンテックのノートンインターネットセキュリティというのも人気のセキュリティソフトの一つですね。
こういったセキュリティソフトというのはパソコンのデータを守ってくれたりして非常に安心ではあるのですが、
その反面誤検出なども結構あったりしますよね。
特にゲームのファイルやソフトなんかは結構検疫で引っかかってしまい、
場合によってはソフトが起動できなかったり、ファイルが勝手に削除されてしまったりなんていうこともあります。
ゲームをする度にノートンインターネットセキュリティを停止させるのは危険ですし面倒ですよね。
そこで安全だとわかっているアプリケーションやファイルに関しては検疫を除外させる設定をすれば良いのです。
基本的にノートンインターネットセキュリティはウィルスチェックでパソコン内の全てを監視していますが、
確実に安全だとわかっていて監視する必要がないということであればその検疫を除外してしまえば、
その後引っかかってソフトが起動しないなんていうこともありません。
ただし除外したものは感染しても気づかないということになりますから十分注意が必要ですね。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: ウイルスソフト, ノートン, メンテナンス・更新 パーマリンク

コメントは停止中です。