ウイルスバスターパターンファイルが更新できない

ウイルスバスターのパターンファイルとは、ウイルスの定義情報、つまりありとあらゆるウイルスの情報が入ったデータベースであり、それが新しくないということはかなり危険な状態である、と言えます。
このウイルスバスターのパターンファイルが更新できない、となるとやはり大変です。現状ウイルスは日々更新されていきますので、できれば公開されたらすぐに更新できるようにしておきたいものです。
またウイルスバスターのパターンファイルはネットに接続していればほとんど無駄なく更新することが可能です。もちろんパターンファイルが公開されたらすぐ、というわけにはいきませんが、手動で更新の間隔を設定できますので、多ければ多いほど安全性も高まる、と言えます。
またネットワークに接続していなければ更新できないでしょう。ウイルスバスターでないセキュリティソフトの場合はパターンファイルだけ入手して更新できるものがあるようですが、ウイルスバスターはクラウド対応していますし、この方法には不向きとも考えられます。
あるいは不具合で一向に更新できない、という状態になることもあるようです。急を要すことですが、できれば慎重に一度アンインストールしてみる、という手順を踏むのが適切かもしれません。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: ウイルスソフト, ウイルスバスター, メンテナンス・更新 パーマリンク

コメントは停止中です。