ウイルスバスター、64bitと32bit、違い

パソコンのOSがそうであるように、ウイルスバスターにも64bitと32bit版があります。また32bit版のOSであれば、アプリも32bit版になりますが、64bit版のOSの場合はどちらも導入可能な場合がほとんどです。
しかしウイルスバスターを新規ライセンス購入する場合、OSを64bit版にするならば64bit版のウイルスバスターにするのが妥当でしょう。あるいはウイルスバスターの32bit版のライセンスがまだ使用できるのであれば、そちらでも構わないと思います。
ウイルスバスターだけではなく、どのアプリも64bitのほうが快適、という違いがあります。この違いはとても大きいものです。またwindowsの場合は、vistaでも7でも、WOW64と呼ばれるエミュレーションモジュールが入っていますので、64bit版でも同様の動きは維持できます。
今後は64bitが主流になりますので、できるだけ早くアプリを対応させる、というのが定則です。ブルーレイを再生させるにしても違います。またセキュリテイツールも動作の速度には多くの方が注目しています。クラウドを利用したセキュリテイツールも目立っていますが、この場合もOSの速度が肝心です。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: ウイルスソフト, ウイルスバスター, 比較・検討・料金 パーマリンク

コメントは停止中です。