ウイルスバスターと強制削除ツール

ウイルスバスターを使用していて、思わず期限が切れていた、などということがあると大変です。パターンファイルはすでにアップデートされていませんので、新しいウイルス定義がないまま運用していることになります。つまり新しいウイルスの攻撃があったら何も知らずに感染してしまう可能性も高いと言えます。
まず早々にアンインストールすることが必要ですが、もしもパスワードを忘れていたら、強制削除ツールを入手する必要もあります。
この強制削除ツールはトレンドマイクロのサイトから入手できるようです。またダウンロードしたらまずパソコン上で稼動しているアプリケーションを全て停止させ、OSによっては管理者として強制削除ツールを実行することも必要です。
その他にはそもそもウイルスバスターのインストール自体が完全に終わっていないケースも考えられます。この場合もできるだけ早く完全に削除して、新しくインストールしなければなりませんが、ウイルスバスター製品版のCDROMの中に削除用ツールが入っているようです。
ひどい場合はパソコンがゾンビ状態になっていることも考えられます。ボットネットに参加してしまい、ネットワークを介して攻撃の主体になっていることも考えられます。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: ウイルスソフト, ウイルスバスター, メンテナンス・更新 パーマリンク

コメントは停止中です。