マカフィーのリアルタイムスキャンが重い

セキュリティツールを導入したらパソコンが重い、これでは使えない、という場合は、常駐しているプログラムに原因があります。例えばリアルタイムスキャンです。しかしネットワークを介して入ってくるウイルスを撃退するために必須の機能ですので、停止するわけにもいきません。
マカフィー製品でもリアルタイムスキャンが関係している、というケースに遭遇した方は多いようです。ある時期には重いし、という場合はパターンファイルが原因と考えられます。パターンファイルはほぼ毎日更新されますので、重くなったら次回のアップデートまで我慢、という方も多いようです。
メモリも最高レべル、CPUも早い、という場合に困るのがやはり重い動作です。リアルタイムスキャンを停止すればネット接続が不安です。
またあまり頻度が高いようであればマカフィーサポートに聞いてみるのもいいと思います。もしたしから重大な原因が他にも隠れているかもしれません。マカフィーをバージョンアップしたり、対策用のツールを実行したら快適になった、という例もあるようです。
最近はクラウド技術を活用しているケースが増えていますが、このことも大きな原因と言えます。サーバが混んでいる場合は特に遅くなりますし、パターンファイルのダウンロードよりも長丁場です。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: ウイルスソフト, エラー・トラブル, マカフィー パーマリンク

コメントは停止中です。