オフラインでのウイルス対策

インターネットに接続しているパソコンであればウイルス対策のソフトというのは必要不可欠ですが、ではオフラインで使用するパソコンの場合というのはどうなのでしょうか

オフラインでずっと使用して、一切インターネットに接続しないということであれば、基本的にウイルスに感染するようなことはないわけですから、ウイルス対策というのも不要なように思えます

しかし、オフラインだからといって絶対にウイルスに感染しないとは限りません

可能性としてはUSBであったりCDであったり、そういった外部のメモリやデバイスを接続した場合にそこから侵入するというものがあります。

他のパソコンでデータを入れたUSBメモリなんかをそのオフラインのパソコンに接続した場合、そこからウイルスが入るという可能性は十分考えられますよね。

データ元のパソコンも完全にオフラインということであれば問題ないのかもしれませんが、そうでなければやはりウイルスに感染する可能性があり、ウイルス対策も必要ということになります。

しかしインターネットに接続していないパソコンというのはウイルスの定義ファイルを更新することもできないので、最新のウイルスに対抗できない可能性もあります

ですので定期的に最新のウイルスソフトを導入する必要があるということになります。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 比較・検討・料金 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。