Linuxの有料ウイルス対策について

パソコンをインターネットに接続するのであれば、やはりウイルス対策というのは欠かせないですよね。

ウイルスに感染してしまうとパソコンが壊れてしまったり、大切なデータが流出してしまうという可能性もあります。

ほとんどの方がパソコンを購入したら有料のウイルス対策ソフトを導入していることと思います。

しかし、有料のウイルス対策が必要とされているのはそのほとんどがWindowsOSのパソコンと言われています。

LinuxOSの場合はほとんどウイルスに感染するようなことがないということなので、そもそもウイルス対策ソフトがほとんどありません

有料のLinux用ウイルス対策ソフトを作っても需要がないということでしょうね。

ただしLinuxでも不正なログインだったりセキュリティホールの悪用によってなんらかの被害にあうという可能性もありますから、それに対する対策というのは必要ということになるでしょう。

その対策としてはrootでのログインを近視するということや不要なポートを閉じるなどといった対策ですね。

またメールの添付ファイルでウイルスを検知することもあるようなのでその点も注意したいですね。

基本的には安全だとされているLinuxですが、こういった対策をすることでより安全性が増すということになるでしょう

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: OS(パソコン) タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。